読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜夜カフェにて、朝日新聞「ソーシャルA」とのコラボ企画を行います!

毎週土曜夜22:00から行っている、Twitter上での交流会(通称:夜カフェ)。毎回ワークライフバランスに関連するテーマを決めて、知恵を出し合ったり、前向きな議論を行ったりしています。

今回、夜カフェ初の試みとして、朝日新聞のデジタル紙面「ソーシャルA」とのコラボ企画を実施します。


■ ソーシャルAってなに?

ソーシャルAとは、朝日新聞のウェブ紙面と、Twitterでの投稿を連動させた、実験的な企画です。→ソーシャルAニュース:朝日新聞デジタル

こちらのURLにて、8月28日(水)から「育休男子(男性の育休は増えるか)」という記事が展開されます。そこで、夜カフェでも二夜連続で同じテーマを取り上げ、議論の盛り上がりを支援していきます。


■ 24日と31日の夜カフェについて

夜カフェ第一夜(24日)では、育休を取った男性による「生の声」、体験談を募集します。育休をとって「よかった」と思ったこと、取得にあたって苦労したことなど、ご自身の体験談をベースにツイートしてください。

また、「夫が取ってくれたよ」という奥さまからの声や、正式な育休ではないが「有給休暇を使って数日休んだ」「産後なるべくお迎えに行った」など、「これが我が家の育休だった!」という声も、大歓迎です。自由にツイートしてください。

第二夜(31日)では、24日の体験談・28日から展開されるソーシャルAの記事などを材料に、「どうすれば、もっと男性の育休取得が増えるか」について、積極的に議論を深め、アイデアを共有していきたいと思います。

■ 記者さんの、熱い想いに共感して……

今回のコラボ企画の背景を、すこしご説明します。

ワークライフバランス・カフェは、仕事と子育ての両立支援を目的とした、非営利の活動です。どこかの企業とコラボをする際も、「我々の想いと共通点があるか」を、最も大切にしています。

朝日新聞とのコラボを決めた大きな要因は、お話をくださった記者さんが、夜カフェの一参加者だったことです。労働チームの方ですが、ご自身が育休中に「超モヤモヤして……」夜カフェを見つけてくださったことが、今回のコラボ企画のきっかけとなりました。

記者という仕事人であり、ひとりのお母さんでもある。彼女の葛藤や問題意識はそのまま、カフェを運営している私たち(それぞれに、仕事を持ち育児をし、仕事で得た得意分野を活かしてカフェの運営をしています)の姿にも重なります。彼女が「当事者」だからこそ実現できたこの企画を、私たちも想いをひとつにして、盛り上げていきたいと思っています。


■ 「当事者」の皆さんだから、言えることがある

「ソーシャルA」は、Twitterで双方向の議論を促す企画でもあります。ハッシュタグをつければ、ソーシャルA内のタイムラインにも、ツイートを流すことができます。

夜カフェに参加頂いたことのある皆さんは、今まさに、両立の難しさに向き合っている方々ばかりだと思います。「ソーシャルA」では、有識者も含め、様々な方が意見をツイートされるでしょう。私たちは、当事者の皆さんにしかできないツイートがあると思っています。カフェでの議論の様子は、朝日新聞本紙にも掲載される可能性があります。「最近、夜カフェ見てなかったな」という方も、久しぶりにご参加ください。仕事と育児の両立を、よりよくできる世の中のために。たくさんのツイートを、お待ちしています!